スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・目黒逍遥 とりこぼし篇

前回記事では混乱してきて中途半端で止めてしまったけれど、やはり時間が経つにつれいろいろ感じたことを忘れていってしまうので、追加で自分用にメモしておきます。


あ、前回に引き続きピグマリオン人形展の感想。

帰宅してから展示会場のHP見て気付いたのだけれど、わたし地下と4階見ずに帰った…アホや。


入口から正面まっすぐ進んだところのガラスケースに吉田良さんの等身大(?)の少女。なぜ?がつくかというとこのガラスケース、テーブル状つまり平置き型でしてしかもまあまあ高さも大きさもあるため背の低いわたしには一度に人形の全貌をおさめることができなかったのであります。
ぐるぐる周りを回ってところどころ背伸びしてのぞきこんで見る。なので印象はパーツ毎。
口が半開き、上の前歯と舌が見えてて舌のぺろっとし具合と足をボーンと投げ出した寝ころび姿が妙にマッチ。そう寝姿ではなく寝ころんでる感じ。
眉毛の印象ない。でもそこがいい。というかやはりこの方の人形はこちらがここがいいだとかいう隙間もなく、そのものがただそこに居る。そのもの。
3階の階段上がってすぐのところにいるこちらも等身大の薄目開けた少女も落下中の1/3の少女もみんなそう。
等身大の迫力ってもちろんあるけれども、存在感の重たさにスケールは関係ない。気がする。
毎回受ける印象だけれども、架空の銀幕のスターの奔放な若い頃というイメージ。意味不明ですね。あはは。ダニエル・ダリューとかそういう感じ、あと『気狂いピエロ』。

あと印象に残っている作品箇条書き。(大変失礼なことに作家名・作品名ともにうろ覚えなので特徴のみ)
1階階段右横のデフォルメの利いた3体、わたしは素朴な造りの人形ほど怖く感じる(ホラー的な意味で)のだけれどこの3頭身のお人形はかわいく感じた。
その右隣りガラスケースの布張りの女の子ふたり、二重あごかわいい。着物のお腹のふくらみもかわいい。
あと1階には3体すごく色っぽい人形がいたんだけど場所どこだっけ。一人は上品な顔立ちでまとめ髪でスレンダーな体型のわりに胸が大きかった。もう2体はたぶん同じ作者で入口の近くだったかな~。癖の強いとがった顔立ちで身体の造りがかっこよかった気がする。
2階。
小ぶりな人形が多かった。
太った女性。人形の中では圧倒的マイノリティ。わたしも一つ計画している人形があるので安心?共感?太った女性の色っぽさ押し。
双頭の半人半鳥の女性。エスニックな雰囲気。お腹から広めの骨盤に流れるラインが好き。全体がうまくまとまってた。
どの人形を見て思ったかは忘れたけれど、目元がリアリティ持っているとグッと説得力が増すなあ。
アンティークの布、ワンピース、子ども服売ってた。手押し車の乗るところが馬とか犬のぬいぐるみなヤツ。
耳が動く兎の胸像はその雰囲気に溶け込んでた。
大きい人形の迫力とはまた別にディテールによって増す小さい人形の迫力。すごく端正な小さい人形さんがいた。ボンネットかぶった女の子2体。
3階の前に階段踊り場。
3体並んでる中央の女性がすごーく色っぽい、けどアンティークな雰囲気ではなくなんだかセレブの人にあんな人いた気がする。ハイヒール手に持ってたけどそれもすごく良くできてた。
その右隣りのゴシック系の女の子。肌が最近キャストドールでたまに見かけるグレイトーンの肌。表面なめらかですごくキレイ。これはこれでありなんだな~と。3階にもう一人グレイトーンの男性人形があったけれどそちらは褐色風味でワイルドな雰囲気。確か作者一緒。
3階。
大きいサイズのしかも男性人形はやっぱり見栄えがします。ソファセットに思い思い座ってるのがなんだか面白い。お腹に時計埋め込んだ男の子も。
あと等身大の花魁さんも迫力あった。カウチに腰掛けてる後姿とか。
透明レジン?で全身作ってあるお人形も面白かった。
実は一番好みだったのは白単色の固定ポーズの像だったかも。
生首はヨカナーンなのかな?

あとみんな衣装がすごい。ふりふり。
以上とりこぼしのとりこぼしもあるとは思いますがこれにてドロン。
深夜のノリなので後日消すかもしれません。
ここまで長々とご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ピグマリオン人形展の感想、空想しながら読ませていただきました。

ピグマリオン系列のお人形は見る機会が多いので、
繋ぎ合わせて雰囲気はビンビン伝わって来ます。

それよりコンデクレンさんの記憶力がすごいです。

Re: タイトルなし

こんなダラダラ長い記事を読んでいただいてありがとうございます><
雰囲気伝わりましたか~。良かったです。
いや~見た当日に早くも記憶はツギハギになってしまってつたない文章で面目ないです。

たのしい!!

いろいろ空想できて面白いです!!
意外と個性豊かな人形があったんですね。
コンデクレンさんの解説付きで人形展を鑑賞したら楽しそうです。

・・・・!!!
太った女性の色っぽさって解りますか!!?
女性でも解る人いるんですね。
男性でも理解できる人は圧倒的マイノリティで、
ピコりんは「変態」って言われるのが恐くてバレないように気をつけています・・・。
人形作りでは肥大させたい衝動を抑えながら頑張っています。
あるんですね~、太った人形・・・・。あは

Re: たのしい!!

ありがとうございます。
本当ですか。たのしいですか。
うわ~嬉しいです。
なんというか基本の関節の造りとか統一感があるので逆に作風が際立って面白かったです。
人形者同士でこういう展示行けたら楽しそうですよね。

わたしが太った女性の色っぽさに気付いたのは比較的最近です。
ある映画と知人のおかげなのですが、
その知人と映画に出てきた女優さんは太っていることが魅力になっている美人さんだったのです。
で、一般的な細い美人だと美人だけど色っぽくない人もいますが、
その二人は自然体ですごく色っぽい。しかもカワイイ色っぽさ。ステキです。
その色っぽさってお肉の柔らかさとかあたたかさとかに要因がありそうなので人形で表現するのは難しそうです。
ピコりんさんほどの造形力がある人が肉を盛ったらかなり迫力のある人形が作れるんじゃないでしょうか。

こんばんわ!

ピコりんさんのところでお名前御見かけしまして、もしやと思い検索して飛んで参りました!

ランキング参加されていたのですね!

いやなんて言うんでしょうか、人形の輪が目に見えているようでなんかいいですね^^

ブログもまたゆっくり拝見させて頂きます

ありがとうございました

Re: タイトルなし

ご訪問ありがとうございます!

わざわざ検索していただいたんですか。
すみません、コメント書くときURLつけておくべきでした><;

人形作りも始めて日が浅いですが、細々とブログ綴ってます。

よろしくお願いします。
プロフィール

コンデクレン  Kondekuren

Author:コンデクレン  Kondekuren
東京砂漠の片隅でひっそりと猫人形作りなどしております。
ご質問・ご連絡など何かありましたらこちらへ↓
fatcat.dancing8☆gmail.com
☆を@に変えてお送り下さい。


イベント参加予定
参加を予定しているイベント
  • 5月4日(水)~10日(火)
    『FANTANIMA!2016』
    丸の内丸善本店4階ギャラリー

      
  • 5月14日(土)~31日(火)
    『ねこ招き』
    雑貨店カナリヤ

     
  • 5月17日(火)~22日(日)
    グループ展『ねこのま』
    高円寺・自由帳ギャラリー

     
  • 6月8日(水)~12日(日)
    Ritty Bear企画展『俺の造形展』
    ギャラリーsiroiro./シロイロ

      
  • 6月18日(土)19日(日)
    『ドールワールドフェスティバル』
    東京都立産業貿易センター
      台東館4F


      終了いたしました。
      ありがとうございました!

  • 7月中予定
    web shop ココア・ハウスにて
    豆猫委託販売
      
  • しばらくの間活動休止予定
    (*年内復帰希望)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数

ランキング参加しています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。